自宅で無線LAN環境を整える方法

自宅に光回線などの有線でインターネットを設置した場合は、基本サービスの範囲で無線LANを利用することができません。

スマートフォンやタブレット端末などをインターネットに接続したい場合には、基本サービスとは別にWiFiルーターを設置する必要があります。


光回線を設置した際に自宅で無線LANを利用する方法は、プロバイダのオプションサービスを利用して無線LANルーターをレンタルするか、自分で親機を購入して接続をすることです。
プロバイダのオプションサービスを利用する場合は月額300円〜500円程度のレンタル料が必要で、年間あたり3千円〜6千円もの費用がかかってしまいます。

レンタル料が有料であれば、自分で親機を購入してブリッジモードで接続をした方が安上がりです。



いずれの方法でも光回線の基本料金に加えて、追加の費用を支払わなければなりません。


自宅に光回線を設置して無線LANを利用する場合には追加の費用がかかりますが、無線WiFiサービスを利用すれば機器をレンタルしたり購入をする必要がありません。



固定型の無線WiFiサービスであれば、ルーターが届いたら電源に接続するだけですぐにインターネットに接続ができます。
ルーターには有線LAN接続用の端子を備えているので、LANケーブルを使用してテレビやデスクトップPCも接続することが可能です。


持ち運びができないタイプの無線WiFiサービスは通信量の上限が設けられていないので、光回線と同じように利用できます。