自宅で使用する無線LANのメリット

自宅で利用する無線LANのメリットは、コンセントにプラグを接続すればすぐに利用できるという手軽さにあります。


モバイル型の無線LANであればバッテリーを充電して端末のスイッチを入れなければならず、やや手間がかかってしまうことがあるのです。

しかし自宅で利用する無線LANはコンセントに接続すれば故障しない限り永久に利用可能です。


もちろんモバイル型とは違ってバッテリータイプではないので発火などの事故に発展してしまうこともありません。自宅で利用する無線LANのメリットは他にもあり、大量の端末を同時に処理できるという点があります。



自宅で利用できる製品の殆どは、モバイル型とは違って強力なCPUが装備されていて、大量の端末を接続したとしても問題なく処理を行うことができます。


一方でモバイル型の製品に搭載されているCPUは複数の端末を同時に接続して処理を行うほど高性能ではありません。

結果的にインターネットの回線速度が低下してしまう可能性があるので、自宅で利用する予定で、外に持ち運ばないのであればコンセントに接続するタイプの無線LANを導入すると良いでしょう。



メリットは他にもあり、故障しにくいというものがあります。



据え置き型の製品は本体の外装がかなり強固に作られており、外部からの衝撃にも対応できるように作られています。一方でモバイル型の製品はかなり軽量な作りにしている結果、外部からの衝撃に弱い問題点があるのです。