無線LANを自宅で使う理由

無線LANは、公共のスペースや屋外で使用するイメージですが、自宅で使っている人も少なくないです。
理由はいくつかありますが、1つは導入が簡単で配線の手間もないことです。



有線接続の固定通信回線は、宅内に設備を設置したりLANケーブルを配線するなど、何かと導入の手間があります。
また、ケーブルはLANだけでなく電源用のものも必要になったりと、宅内がごちゃごちゃとしてしまうのも、自宅用として無線LANが選ばれている理由です。



無線LANを固定回線代わりにすると、設備や配線のスペースが不要になり、自宅をこれまで通り使い続けられるようになります。


配線は知識を必要としますし、設置の際に業者を宅内に入れる必要があるので、女性は特に抵抗感を覚えがちです。


その点、無線LANは必要な機器が郵送で届けられる上に、自分で簡単に設置や設定が済ませられることから安心です。
自宅や屋外という線引をしたくない、そういう考えの人達も、有線よりは無線を積極的に選んでいる傾向です。
モバイルルーターなら常に持ち歩けますし、無線が届く環境であれば、場所を選ばず何時でも無線LANが活用できます。

自宅でも据え置きルーター感覚で使用を行えば、外出時にそのまま持ち出して、その場がインターネット環境に早変わりします。
宅内に限っても、リビングや自室など場所を選ばない無線環境があると、やはりインターネットが便利に使えますし、ケーブル類に煩わされずに済みます。