ネコ対策で注意したいこと

今の時代、ネコをペットとして飼っている家庭も増えてきているのではないでしょうか。

ネコを分類すると家ネコと野良ネコにわけることができます。

また最近ではネコ対策という言葉もよく聞かれるようになっており、ネコによる被害件数が増加していることを示唆しています。


しかし、猫をペットとして飼いたいという方も多いのが現状であり多くの意見があげられています。

まず野生の猫、つまり野良猫の習性、特性を考えること。


それに伴うネコ対策を考えることが必要となります。


野良猫の特徴としては次のようなことがあげられています。
まず考えておかなければならない内容に寄生虫感染の問題があります。

これはきわめて重要なネコ対策を用意しなければならない課題と言えます。



ネコが寄生虫に感染する確率は80%と言われており、比較的高い確率だと言えます。
これに関連する内容として、ネコが排泄する糞の処理が関わってきます。
実際にどのように処理するのか。

これは非常に重要な課題であり対策の準備が必要になります。



二つ目はネコの人に対する警戒心の強さの問題があります。



警戒心が強いため、人に懐くのに非常に長時間を要することがあげられます。
三つ目は、屋内での暮らしができないのではないかという問題があります。
もともと野生で育ち、自由気ままな生活に慣れているため、人からエサを与えられ生活している家ネコのようにはいかないという内容です。家族のように、かわいがってあげることも大切ですが、反面ネコがもつ特性からおこるデメリットも考慮しておかなければならないことが注意点だと言えるでしょう。